FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kf7x7o

kf7x7o
スポンサーサイト

10/9農塾日誌

農塾からのお知らせ

*今年は12月の収穫祭を11月に変更します。
12月は農地返却のため、柵の撤去など塾全体の片づけを行う予定です。
お気持ちのある方は、お手伝いをお願いします。なお、作業後はお疲れさま会を予定しています。

*塾は今年いっぱいで終わりになりますが、その時までに自分の使っていた場所の畝はこわして返してください。
一回にすべての畝を壊すのは大変なので、収穫したら畝をこわしていく、など最後に残らないように計画的にお願いします。 
IMG_1886.jpg


 平成14年から始まった恵那自然農塾での佐藤塾長からの畑の学びの時間は今日で最後を迎えます。
 
 九月に入ってから雨や暖かい日が続きましたが、10月に入りようやく秋らしい気候になってきました。そんな気候の影響もあり、塾の畑では、サツマイモや里芋がとても元気に育っています。今日の学びは、レタス、人参、大根、白菜、春菊、地這いきゅうり、ねぎ、おくら、さつまいも、里芋、玉ねぎ、ミョウガ、ショウガについての、収穫、手の貸し方、保存方法、種取りの学びです。

*レタス* 
IMG_1889.jpg 9月からの雨の影響もあり塾のレタスは成長が遅かったり、朽ちてしまった株が目立ちました。本葉3枚〜5枚で油かすと米ぬかを半分半分混ぜ合わしたものを補い、株のまわりに草をかけてあげます。
 
 佐藤塾長の畑では、ポットで育苗しているとのことで、育苗方法や育苗土についての学びをしていただきました。
                
 *育苗のポイント*
 水やりについては、じょうろなどを使うと水が均等ににいきとどかず、成長がそろわないため、水をためたトレイにポットをつけて土をしめらせます。基本は1ヶ月に1度くらいの間隔で行う。踏み込み温床の場合は、下から蒸気があがるため、じょうろでの水やりでもかまわない。育苗土については、畑の土:腐葉土:籾殻薫炭を3:5:1をかき混ぜ合わせ、団子状になるぐらいの水を加える。

*里芋*
IMG_1892.jpg
 収穫作業。スコップで掘り起こし、芋を取り出す。女性でも、てこの原理を使うことで掘り起こすことができます。ここ数年、佐藤塾長は、親芋を種芋にしていて、子芋の種より大きな株に育ち収量も多くなるとの話でした。

*保存方法*
 室内で保存する場合:芋をばらし、根や茎をしっかり取り、干す。しっかりと干した後、室内で保存します。気温が10度ぐらいになったら、新聞でくるみ、段ボールの中で保存します。発砲スチロールに保管する場合は、空気穴をなるべく多くあける。又、発砲スチロールに里芋を逆向きにして土で挟むようにするのもいいです。
屋外で保存する場合:気温が高い地域では、茎を刈り、土をかぶせ、草や藁をかけておく。上にはナイロン袋、トタンなどの雨よけをかぶせる。寒い地方は、むろの中にいれたり、日がよくあたるどてなどに横穴を掘って保存する方法があります。

*人参*
IMG_1895.jpg
 収穫作業が始まる。自然農の人参は、大きくはないけどが、生命力があり、香り豊で食べ応えがありますよね。
保存する場合は、温暖な地域は、葉を取り、土を少しかけておく。寒い地方では、ビニールハウスなどのなかに穴を堀、土をかけて保存する。あまりな長く保存するとひびが入ったりすることがあります。

*大根*白菜*
IMG_1898.jpg

IMG_1900.jpg

 間引きと見守り。今年、多く高温のため、虫が多く発生しました。

*春菊*
IMG_1901.jpg
20センチ〜25センチで先端を摘む。.そうすることで、脇から葉がでてくる。

*さつまいも*
IMG_1904.jpg
 立派なさつまいもが収穫できました。
IMG_1905.jpg

 収穫方法は、ツルをかき分け、株元を探し、丁寧にほりあげます。佐藤塾長のところでは、1番芋を掘った後再度つるをもどし、少しまってから、2番、3番芋を収穫していくそうです。

 保存方法は、風とおしのよいところで、水分をとばします。その後、発砲スチロールに籾殻などを入れ保存する。発泡スチロールには、空気穴をできるだけたくさんあけます。気温が10度を以下になったり、サツマイモが呼吸できないと、腐ってしまいます。

*ねぎ*
IMG_1907.jpg

 収穫作業。今年は雨が多かったため、腐ったりする株もみられました。雨が多いと味がおちます。

*オクラ*
IMG_1911.jpg
 写真は種とりようのオクラです。全体が茶色くなったものを収穫し来年の種にします。食用の収穫はさやの長さが8センチ~10センチほどのものを収穫します。島オクラなどの丸さやのものは、取り遅れて大きくなってしまっても、さやが固くなるのがおそいためおいしく食べれます。

 塾で栽培しているものへの学びは以上になりますが、玉ねぎ、みょうが、しょうが、牛蒡についての質問がでましたので記します。

*玉ねぎの場所選びについて*
 水はけがよく肥沃な場所を好む。水気が多いと大きく育たない。

*みょうがの植え付けについて*
 10月ごろ、根を掘りあげて、新しく植える場所に浅く埋め、薄く土をかぶせます。あとは、草をかぶせておきます。毎年、枯れたら草をかける。痩せている土地や半日陰の土地でも育ちます。

*しょうがの場所選びについて*
 肥沃な場所を好む。佐藤塾長のところでは、ビニールハウスで芽だしをしてから植えるそうです。

*牛蒡の保存について*
 牛蒡は泥をとってからすぐ調理をしないと香りが抜けたり、あくがでたりしてしまうため、保存する場合は、土をつけたまま新聞紙につつんで保存します。







9/11農塾日誌

農塾からのお知らせ

*今年は12月の収穫祭を11月に変更します。
12月は農地返却のため、柵の撤去など塾全体の片づけを行う予定です。
お気持ちのある方は、お手伝いをお願いします。なお、作業後はお疲れさま会を予定しています。

*塾は今年いっぱいで終わりになりますが、その時までに自分の使っていた場所の畝はこわして返してください。
一回にすべての畝を壊すのは大変なので、収穫したら畝をこわしていく、など最後に残らないように計画的にお願いします。DSCF2645.jpg

 季節は、夏のいとなみから、秋のいとなみへと移っていく時、畑の姿は、トマトやなす、キュウリなどの実のものから、秋の根菜類が育ち始め、サツマイモやさといもが、葉をのばし、土の中で実を結び始めています。今月の学びは、小蕪、リーフレタス、赤カブの種おろし、里芋、人参、大根、春菊、白菜、サツマイモへの手の貸し方です。

*里芋*
 草が、里芋の半分ぐらいの高さなら、そのまま見守り、それ以上なら、半分の高さまで刈る。

 今年、塾長の農園では、種芋に、親芋を使ったところ、背丈ほどまで成長しているとの話でした。冬腐りやすいのが欠点とのこと。
DSCF2646.jpg


*人参*
 間引きを行い、株周りの草をかりその場に敷く。最終的には、株間8センチから10センチにする。

*大根*
 本葉5枚〜7枚ぐらいになったら、間引きを行い、米ぬかを株もとから少しはなし、補いをする。その後、株周りの草をかりその場に敷き補いをなじませる。株間は最終20センチぐらいにする。

DSCF2648.jpg

*春菊*
 農塾では、うまく成長できず少しだけ残っていた。春菊は移植ができ、小さいときは、一度ポットに移し、根をのばしてから移植するとつきやすい。種おろしからひと月後ぐらいに、米ぬか、油かす半々を株元から少し離し補い、株周りの刈った草をかぶせる。

*白菜*
 株周りの草を刈り、葉と葉が重ならないぐらいに間引く。本葉4〜5枚で油かすを株周りに一握り(男性の一握り)補い、株周りに刈った草をかぶせる。

*さつまいも*

 試し堀りをする。株周りを少し掘り、一番上についている芋だけをとりだす。今年も立派ないもがでてきました。まだ成長をしているため、時期をずらして掘りあげていきます。
DSCF2650.jpg

*小蕪、リーフレタス、赤カブの種おろし*
 種をおろす場所の草を刈り、鍬幅で10センチから20センチの深さで耕す。恵那塾では、茅の根がはびこっているため、取り除かないと、作物がまけてしまうため少し深めに鍬をいれています。宿根草や根っこなどを取り除いた後、土をほぐし、竹の棒などを使い種をおろすためのスジをいれます。1センチ〜2センチ間隔で種をおろし、つまむようにして土をかぶせ、厚からず、少なからず籾殻をかけて鍬などで程よく鎮圧します。そして刈った草を種をおろした場所の周りにもどします。
DSCF2656.jpg
DSCF2670.jpg




more...

7/10 農塾日誌

農塾からのお知らせ

*今年は12月の収穫祭を11月に変更します。
12月は農地返却のため、柵の撤去など塾全体の片づけを行う予定です。
お気持ちのある方は、お手伝いをお願いします。なお、作業後はお疲れさま会を予定しています。

*塾は今年いっぱいで終わりになりますが、その時までに自分の使っていた場所の畝はこわして返してください。
一回にすべての畝を壊すのは大変なので、収穫したら畝をこわしていく、など最後に残らないように計画的にお願いします。


*さつまいも*
草を刈り、周りに敷く。
草に負けていなければ放っておいてもよい。

*きゅうり*
本葉五枚くらいの時に一本仕立てにする。(いいものを残し他を間引く)
米ぬか:油かす半々のものを補い、土と混ぜ、草をかける。
株元を少しあけるとよい。
本葉7枚以上で支柱がいるようになる。
種取り用のキュウリは、生り始めのものよりも2~3mのびて勢いのある時のもののほうが良い。

*じゃがいも*
晴れた日に収穫する。
夏にも植えられる品種は、冷蔵庫で2週間くらい冬を感じさせ、土に仮植えすると芽が出る。
芽が出たものを8月にも植えることができる。

*ジュウロクササゲ*
支柱につるを巻いていないものは、支柱にまいて先をひもで結んでやるか、ほかのつるで挟んで固定する。
まくときは必ず左巻きにまいてやる。逆にまくと、つるが向きを戻そうとしてほどけてしまう。
IMG_2280.jpg

*ネギ*
草刈りして敷く。赤さびが出たら株間を少しあけてやるとよい。

*トマト*
わき芽を摘み、支柱に結ぶ。

*ピーマン*
虫の卵がついていたら必ず落とす

*オクラ*

本葉3枚以上で米ぬか:油かす半々のものを補う。

*とうもろこしの種まき*
草を刈り、耕し、平らにしたら、20-30センチ間隔で点播きする。
手で土を撫でてかぶせ、ポンポンとたたいてしめる。
草を戻す。厚からず薄からず。

*人参の種まき*
草を刈り、耕し、平らにし、鍬の柄や竹など細長いもので種をまくところに線をつける。
種をまき、もみ殻をかけ、鍬で鎮圧する。種をまいた脇に刈った草を戻す。
日照りが続くと発芽しない。

6/12 自然農塾

農塾からのお知らせ

*今年は12月の収穫祭を11月に変更します。12月は農地返却のため、柵の撤去など塾全体の片づけを行う予定です。
お気持ちのある方は、お手伝いをお願いします。

*塾は今年いっぱいで終わりになりますが、その時までに自分の使っていた場所の畝はこわして返してください。
一回にすべての畝を壊すのは大変なので、収穫したら畝をこわしていく、など最後に残らないように計画的にお願いします。

*じゃがいも*
生育が悪い。虫にやられていた。
3回芽かきをしたので種イモの力不足だったのかも?

*そら豆*
全然ダメ。自然農では難しい部類とのこと。

*えんどう*
もう終わりの時期。
写真左から、種採り時期の豆、実(グリーンピース)を食べるのにちょうどいい豆、実を食べるのにまだ少し早い豆。
種のとり方は、中の種が黄色になるまでさやごと干す。
IMG_2252.jpg

*さといも*
米ぬか+油かす半々に混ぜたものを補う。
芽が2-3本出ているものは、大きいもの1本残して鎌で切っておく。
草を刈り、土を寄せる。里芋の葉を出して、周りには草を厚めに敷く。

*十六ささげ*
支柱を立てる。
割った竹を斜めに立てかけ、ばってんに結ぶときは、内側同士を一緒にすると反らない。
IMG_2255.jpg

*トマト*
ミニトマトは2本仕立て。(第一花の下のわき芽を残してあとのわき芽は全部摘む)
大玉は1本仕立て。(第一花の下のわき芽を全部摘む)
ミニトマトは第7花まで行ったら摘芯する。(上を切る)
基本は苗を植える時に一度補うのみ。
一本につき支柱一本で支えながら結び付けていくのが基本だが、支柱3本で囲み、広がらないようにひもで輪をかけて整えていってもよい。
写真は摘み時のわき芽の大きさ。
わき芽が大きすぎると摘んだとき植物が弱るし、小さすぎるとまた同じところからわき芽がはえてきて、二度手間になる。
IMG_2256.jpg

*ピーマン*
上に3本の花芽が付く。それを残して下のわき芽を摘む。
第一花が咲いたら、両脇に支柱を立てて、両脇で支えるように紐で支える。

*ナス*
3本仕立て。
肥沃な場所で育つので追肥する。
写真はわき芽含めて3本仕立てになっているところ。
IMG_2257.jpg

*オクラの種まき*
株間30センチ、条間50センチ。
1か所に5粒ほど蒔き、土をかけて手でポンポンとしめる。薄めに草をかける。

*大豆の種まき*
株間30センチ、条間60センチ。
1か所に3粒ほど蒔き、土をかけて手でポンポンとしめる。薄すぎず厚すぎない程度に草をかける。

*サツマイモの苗を植える*
30センチ間隔で、土を小高く盛る。
苗を植えて、米ぬかを株元から少し話して周りに一掴みほどまき、土となじませる。
厚めに草を戻す。
IMG_2258.jpg

*きゅうりの種まき*
株間40センチ、条間50センチで以下同様。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。