FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月13日農塾日記

あけましておめでとうございます。

本日、2013年最初の恵那自然農塾が開催されました。

今回の主旨は「これからの自然農」と題した座談会です。

IMG_1520.jpg

毎月の農塾会場である圃場から少し離れた集会所にて、

自然農について塾生が普段感じている事や疑問などを塾長と語り合いました。

若い新規入塾生も多数参加されました。

IMG_1518.jpg


塾生からは、野菜の栽培技術の他、

「田畑の近隣住民とのどう付き合えばいいのか?」

「塾長が自然農を始めたきっかけは?」

など、活発な質問がなされました。

IMG_1519.jpg

塾長からのお話は、野菜の栽培技術にとどまらず、

自然/社会/物質と個人の関わり方、生き方に及びました。

和気あいあいとした中にも深い学びのある有意義な座談会でした。
スポンサーサイト

12gatu

11月9日 農じゅく日記

恵那の紅葉に見守られながら、11月の農じゅくも始まりました。

寒波到来ということもあり大変寒い1日で、
ドラム缶ストーブの焚き火が久しぶりに体を温めてくれました。

10繝サ9霎イ蝪セ017_convert_20081110095542


午前中は、
タアサイ・かぶ・レタス・にんにく のお世話
(作物のまわりの草刈と、にんにくには来春の成長のために米ぬかと油粕をおぎない)
寒さとともに時を向かえた、里芋の収穫(茎を切りスコップでまわりを掘り出し)
来年成長してくれる、エンドウの種まきと玉ねぎの苗の植え付けをしました。
(草刈→表面削り→種まき→鎮圧→草のせ=仕上がりは刈り取った草のおいてある畑)

10繝サ9霎イ蝪セ003_convert_20081110095704


お昼(今日は小5の娘とハイエースのなかでお弁当、食べ盛りで・・おかず1つとられました・・)

午後は、
10/26にはざ干ししたお米の脱穀(だっこく)です。
前日の土曜日に雨が降ったのですが、
まえもって塾長と勝田さんが小屋の軒下に皆のお米を移動してくれてました。さすが=感謝

足ふみ脱穀機で皆たすけあって交代で脱穀しました。
今ではほとんど見られなくなりましたが、
足を踏む力加減でびゅーんと軽快に回る脱穀機に稲穂の先を広げて当てると
ぱちぱちとと取れて飛んでいくお米=収穫の実感です。

10繝サ9霎イ蝪セ042_convert_20081110095748

集めたお米の中から大きな藁だけとりだし唐箕(とうみ)を使い風の力を利用して、
さらにお米とから米や藁などに分けます。(2回ほど)

10繝サ9霎イ蝪セ040_convert_20081110095826

今回は、海外からの見学者の方(リザさん=ハーブ農園)も参加されました。
唐箕を回している所を客観的に見るとあらためて日本の文化のすばらしさにも気づかされます。

それと同時に驚いたのは!!
ペラペラと通訳できる方が多くいたことでした。
一見すると、自然農は時代おくれ(本当は最先端だと思います)のイメージがありますが、
多くを勉強されてきた方、世界を見られてきた方が体験としてたどり着く生き方の1つなのだと思えました。


皆、収穫したお米を袋にいれて満足そうでした。

来月は、まちにまった!!収穫祭!!
おでんにEtt・コンサート  


*はじめての方も自由に参加出来ますよ=HPの地図を参考にそのまま来られてください。





theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

6月8日の塾日記

6月8日(雨の予報が・・・はれ=とても暑い一日でした。)



P1000009_convert_20080612221543_convert_20080612222056.jpg


午前中は、

ししとう・ピーマン・なす・ズッキーニ・さといものお世話。
(わき芽の摘み取り・米ぬか油かすの補い・草の手入れ)

サツマイモ・インゲン植え付けを教えていただきました。


*気になったのは、最近塾長が野菜名前や日にちをよく間違える?
いつも自然と共に生活しているだけあって、
今年の気候の変動に自然に反応しているのだと・・私はひそかに感心している。



taueuta_convert_20080612223958.jpg

P1000002_convert_20080612221825.jpg


午後からは、

田植え唄(スペシャルゲスト=川辺ゆかさん)を唄っていただく中での、

田植えとあぜ塗りでした。

自然農では、耕す事も代掻きもしませんので、表面の上の草えを削り取り、

目印の糸を張て、25センチ間隔で少し穴をあけ、

苗床から取った土付苗を1~2本づつ植えていきます。

一列植え終わると、40センチ(作業がしやすい巾)横に糸を張りなおし

同じ様に植えていきます。



とても田植え唄がここちいいので手を休めて・・??聞いておりました。

途中気が付いたのですが、唄のリズムは代掻き田の早い田植えのもので・・

自然農では、1本の苗を植えるのに=10~15秒くらいはかかってしまい・・

1本植え終わるまでに太鼓の音がいくつも鳴っておりました。



しかしながら、自然の神に感謝をささげ祈りの行為として作業していた時代。

忘れてはいけない大切なことだったのでは・・と気づかされます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。