FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/26 今日は、稲刈りです!

天気予報ではくもりのはずでしたが・・・・

雨が1日降りつづく中での稲刈りになりました。

現代的な、機械農法の場合は雨が降るとコンバインが詰まってしまうので中止!

になりますが、手刈りの場合はスゴイ!!

気持ちさえあれば、出来るのです。

遞イ蛻医j蜑浩convert_20081027093447

そんな感じで、半年成長してくれた稲穂と大自然への感謝の中で、

恵那自然農塾の平成20年度の稲刈りが始まりました。


●はざかけ用の竹の切り出しと加工
のこぎりと鉈を使い
横に使う長いものと、足に使う2mの物(鉈で太い方の先をとがらせます)

●稲刈り
4~5列分の株を右からかっていき、1握りづつ左におき 
それを3回、X交差するように積んでいき1束分としておきます。
そのように田んぼ全体を稲刈りします。

●稲束を縛る
まず、わらを3~4本づつ束の上に配っていき、1束づつ縛ります(説明難しい)
わらの丈夫さに感動します。

縺ッ縺悶°縺狙convert_20081027093621

●稲架(はざ)を組む
2mおきに足用の竹を木づちで打ち込みハの字に1.3mぐらいの高さでくみます。
(上から見て、横竹に斜め交互\/\/になるように)

●稲束を稲架にかける
稲束を2:1の割合でわけ、太い細いを一束づつ交互稲架にかけます。
すると、斜めになり日光にあたりやすくなるそうです。

収量は全体的に昨年より少なかったようですが、無事はざ架け完了!!

縺ッ縺輔°縺代・2_convert_20081027093724

その後、来年にひかえた、全国集会の係りのミーティングがおこなわれました。

(のんびり自然農ペース・・・で、来年は世界でも、農塾でも本当にすごい年になりそうです・・・)

お疲れ様でした。


スポンサーサイト

10月12日 農塾日記

10/12 は、「かかし♪」 が地域の行事で塾に参加できませんでした。
代わりに、にしばるさんに写真と日誌のお願いできましたので貼付します。
まじめなおひとがらがわかる文章ですね↓  「ありがとうございました」


01_convert_20081027211545.jpg

晴れの一日で、午前は暑くもなく寒くもなく、午後からは涼しく感じられるほどの季節になりました。
草々も夏草から冬草に交代していきます。

最初に佐藤塾長から命の営みに関するお話から始まります。
自然農の栽培農法だけではなく、命ある生命界に立っている理についての学びがあります。
皆、学んで成長していかれます。

午前は、
薩摩芋の収穫、葱、茄子、甘とうがらし、ピーマン、
オクラ、里芋、サラダ菜、にんにく、小蕪、大根、高菜のお世話。
小松菜、水菜、山東菜の種蒔き実演でした。

学びに来ている人の自主性を重んじており、進んで実践の場に参加します。
塾長より草の刈り方も良くなってきたとお話もありました。

22_convert_20081027211619.jpg

写真は、草の上から小松菜の種を蒔き、種を蒔いた部分の草を刈り敷いている所です。
私達が自然に沿うことを学びます。

午後からは、
各自の田畑の作業を行い来年の10月に恵那にて予定されている、
「妙なる畑の会-全国集会」に関するミーティングを行いました。

10月26日は黄金色に実った稲を刈ります。
種籾で蒔いたお米が命をまっとうし、
次の命のであるお米となり終わりなき命について学びます。

26_convert_20081027211645.jpg

当日は、お天気が良くなりますように。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。