FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月7,8日 農塾日記

梅雨に入り、先の読めない天気が続きます。
7日は雨の中、田植え、8日は強い日差しの中、畑を中心とした塾が行われました。

◼︎田植え
まず、草が勢い良く育っているので全体を刈ります。
それから、各自に割り当てられた畝に溝を作り、整えます。

苗床の稲は順調に育ち、この日を迎えました。
苗を鍬で取り、トレーに移し運びます。

20140617214708156.jpg


植える部分の草を刈り、条間40cm、株間20cmで植えます。
刈った草は株から少し離して敷きます。

2014061722114951a.jpg

雨が降ったり止んだりの中、作業が進みました。

2014061722044202c.jpg




8日は晴れ間となり、暑い中の塾となりました。
はじめに、塾長が自然農の理について話されました。
それから野菜栽培について説明がありました。

◼︎スナップエンドウ
収穫適期は軟らかいうちですが、硬くなったものはグリーンピースとします。

20140617221144f41.jpg


◼︎ダイコン
モグラの通った跡があったので、補った後にしっかり踏みます。

◼︎キャベツ
虫がつきやすいため、幼いうちは対応が必要です。
風通しを良くしたり、それでも防げない場合はネットを被せます。

◼︎トウモロコシ
補った後に草を多めに被せます。
周りの草との見分けも大切です。

20140617220444947.jpg

◼︎カボチャ
土が合わなかったようで、元気がありません。
カボチャには種類によって、性質が違うものがあり、
それぞれに適した環境も違うようです。

◼︎ナス
支柱を立て、ヒモで結びます。
第1果の下の脇芽は残し、その下は摘みます。
3本を主枝として育てます。

◼︎ピーマン、シシトウ
こちらも支柱を立て、ヒモで結びます。
花がついたら、その下の脇芽は全て摘みます。

20140617220446104.jpg


◼︎トマト
ミニ、中玉は第1果下の脇芽は残し、それ以外は摘み、大玉は全て摘みます。
支柱を立て、補います。

20140617220445019.jpg


◼︎サトイモ
芽が出て大きくなっていたので、草を刈り、補った後に土寄せし、刈った草を被せます。

2014061722044810b.jpg

◼︎オクラの種まき
株間50cm、条間70〜80cmで1ヶ所に4、5粒まきます。
水はけを良くするため、少し丘にします。
直根性のため、移植を嫌いますが、移植する場合は本葉1枚の時にします。

◼︎ダイズの種まき
草を刈り、宿根草の根を切るため耕し、土をほぐし平らにします。
穴をあけ、3、4粒まき、土を被せ、足で踏み、草を被せます。

◼︎サツマイモつるの植付け
株間30〜40cm、条間はできれば1mくらいが理想だそうですが、
ここでは70cmで植えます。
草を刈り、ほぐした土を盛り、本葉5〜7枚出して植付けます。

◼︎十六ササゲの種まき
株間30cm、条間60〜70cmで同様に種を蒔きます。
最終的には2本に仕立てます。

午後から全体作業として、田畑周辺の草を刈りました。
刈った草は集めて、各自の畑に入れました。

この時期は、稲も野菜も草も、大きな成長を感じます。
本格的な夏を迎えようとしています。

スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。