FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/8 農塾日記

この日は暖かく、日中は上着がいらないほどの陽気となりました。
多くの塾生が集い、春の喜びを感じることができました。

待ちわびた畑での野菜栽培の作業が始まります。
塾長より作物ごとにレクチャーを受け、質疑をします。

◾️ソラマメ
秋に蒔いた種が芽を出し、冬越ししましたが、一部枯れています。
葉は黒い部分は取り除き、茶色い部分は残します。
周囲の草も取ります。

20150316231501c3b.jpg


◾️コカブ
トウが立ち始めています。
すぐに根を収穫するか、しばらく経ってから菜花として収穫します。

20150316231502c5a.jpg



◾️タマネギ
米ぬか、油カス半々を補います。
周囲の草をとり、周囲に敷きます。

◾️ラッキョ
草に負けやすいので、周囲の草をとります。
通気性と地温を上げるため、草は少し離して敷きます。

20150316231504654.jpg

◾️エンドウ
スナップエンドウは冬越ししにくいので、寒冷紗をかけるか
春にポット蒔きすることもできます。

◾️ジャガイモの植え付け
古今東西いろいろな品種があるそうです。
塾ではキタアカリを栽培します。
種イモは大きいものは、芽を残して切って植えます。
小さいものはそのまま植えます。
地力と乾燥を好むので、冬から準備するといいそうです。

◾️サニーレタスの種おろし
苗床にて、種をおろします。
表面の草を刈り、草の根を切るため鍬で耕します。
土を均し、種を下ろす場所に溝を作ります。
3cm間隔でまき、土を被せ、鎮圧します。
籾殻を振りかけ、不織布で囲い、完了です。


お昼休みを挟み、午後からは田んぼだった場所を畑に変えるため、
畝立ての方法を学びます。
先月も行いましたが、自然農では10年くらい畝はそのままなので、
大切な作業です。

2015031623150540b.jpg

塾長より説明があり、塾生が各々の畑にて作業します。
紐で線を引き、スコップで40cm幅の溝を掘り、両脇に土を盛ります。

20150316231506be9.jpg


3時には作業が終わり、それから移動して、読書会が行われました。
川口由一さんの著書「自然農にいのち宿りて」を読み、塾長より解説、
参加者より質疑がされます。
今回は6時までで終わり、集中して参加することができました。
自然農の栽培技術だけでなく、考え方、心の有り様も学ぶことができ、
有意義な時間となりました。


スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。