FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/10 農塾日記

10月に塾長の佐藤農園の見学会があります。
今年の全国集会は徳島で開催されます。

*小松菜,山東菜
・本葉が4~5枚の時、米ぬか:油かす半々のものを補う。
・補いを土となじませたら、芽に寄せて刈った草を敷く。
・間引きは収穫しながら。

*じゃがいも
一株から芽が4本以上出ていたら、それ以上は芽かきする。
・強そうなものを残して細いものから引き抜く。指を土の中に入れて、そっと根元から引き抜く。途中で折れるとまた芽が生えてきてしまう。
・土を寄せてやり、刈った草を厚くかぶせる(乾燥を防ぐ)。
・生育が悪いときは芽を二本にすると大きい芋が収穫できる。

*ねぎ、らっきょう
・草を刈って敷く
・ネギ坊主は食べられる。(天ぷら、チャーハンなど)
・種とりはあと一か月くらい

*すいか
・スコップで土を掘り、手でほぐす。小高く盛る。
・指で穴分けて一粒ずつ、入れる(今回4粒)。種は一晩水に漬けておくとよい。
・土をかぶせ、手で押さえる。
・草をかぶせる(厚すぎず薄すぎず)
・発芽には10~14日かかる。発芽したら少し草をどかしてやる。
・苗なら本葉2枚で定植する。
IMG_1350.jpg


*かぼちゃ
・本葉3枚で間引いて一つにする。

*きゅうり
・表面の土を削り、根切りして、土を手でほぐして少し盛る。
・くわで押さえて、すじ蒔きなら5~10センチおきに種をまく。
・手でなぜるように土をかぶせて、ポンポンとおさえる。
・草を敷いて、鍬で鎮圧する。

*ナス、トマト、ピーマン
・株間50センチ、条間70~80センチ
・草を刈り、大きなスコップで穴を掘り、土を手でほぐしてこんもりと盛る。
・土の山の上に穴を作り、水をたっぷりやる。
・そこに苗を入れて手で土を寄せ、ぐっと押さえる。
・補いは米ぬか:油かす半々に混ぜたものを二握り。トマトは一握り。
・土となじませ、草を敷く。
・トマトに支柱をたて、ゆるくひもで固定する。
IMG_1355.jpg
IMG_1356.jpg
スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。