FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/9 農塾日記

今日は夏!といった暑さでした。
夏バテ気味か、いつもより参加塾生の数も少なかったようです。
しかしこの暑いうちに、秋冬にとれる野菜を植えましょう。

お知らせ
佐藤農園の見学会の日程が決まりました。
10月4日(日)
9:45 恵那駅集合 
10:30 道の駅 「上矢作 ラ・フォーレ福寿の里」 
電車で来られる方は恵那駅で車に乗りあって道の駅に向かいます。
参加費 500円



今日は、植えてあった野菜の世話の方法を習い、白菜、大根、カブの種をまきました。

*すいか
実をつけすぎると大きくならないので、3~4つくらいにしておくとよい。
収穫期は、巻きひげが枯れていて、叩いた時にいい感じの音がしたら。
写真は2週間後が収穫時期だそう。
IMG_1597.jpg

*きゅうり
大きくなってくるとまずいので、どんどん収穫する。
実が重いので、とらないと弱ってしまう。

*トマト
下がってきてしまうので、枝を持ち上げて支柱に固定。
本当はまとめてではなく下がってきたらすぐに上げてやるとよい。
IMG_1598.jpg

*ピーマン
ひもで全体をやんわりと囲って、支柱にむすんでやる。
重くなって下がってこないように。
白い虫がついていたら、卵も落としたほうがよい。樹液を吸われて作物が弱っていく。
IMG_1601.jpg

*ナス
支柱にひもを結び、その紐を一枝一枝にくるりとからませて、支柱でささえられるように結ぶ。
ナスもピーマンも、生りボケてくると実が固くなるので、枝をバランスよく剪定して整えてやるとまた元気になる。
IMG_1600.jpg

*落花生
黄色い花が付いた。
この下に根が出てきている。この後地中に入り、実ができる。
乾燥に強いので、周りの草を刈り、周りを開けて土を出してやる。
IMG_1603.jpg


*さつまいも
つるをどかして、草を刈り、つるは元に戻す。

*ネギ
周りの草を刈る。
植えておいて、収穫するときは根を切らなければまた生えてくるので一年中とれる。
増えてきたら、4月9月に株分けするとよい。

*人参
芽が出ていなかった。
また蒔きなおすか、別の場所に蒔いてもよい。

*キャベツ
芽が出ていなかったが、本当なら移植の時期。

*里芋
乾燥に弱い。
草を刈り、米ぬかと油粕半々で補う。
その上から草をかぶせておく。

*白菜の種まき(苗床)
草を刈り、耕し、草の根を切り、カンカン照りの場合は水を打っておく。
奥手、中生なら今の時期に苗床を作る。
3~5センチ間隔で種をまく。
手でつまんで土を薄くかけ、もみ殻をまいて鍬で鎮圧。
虫よけネットを張って完成。
本葉2~3枚でポットに移し、本葉4~5枚で移植する。

*大根、カブの種まき
筋蒔きする。蒔き方は白菜に同じ。
株は3センチごとに、大根は5センチごとに種をまく。
10日ほどしても芽が出ないときは蒔きなおす。

 
スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。