FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/11農塾日記

 今日は三連休のなか日とあって参加塾生は少なかったですが、ゆったりと充実した一日でした。

里芋を掘る
茎を切り、芋のないであろうわきにスコップを入れて掘り起こす。
親芋についている子芋を手でぽきぽきと折る。折れなければ鎌などで。
親芋は腐りやすいがまた種イモにできる。
芋の保存はまずバラバラにして根を取り、横穴を掘って杉の葉を敷き、芋を入れてまた葉をかぶせ、水が入らないようにトタンなどで蓋をしておく。5度以下で腐り始める。
IMG_1858_20151019220030a31.jpg
かぶのお世話
成長が遅かった。
米ぬかを補い、周りの草を取り、土と混ぜて厚めに敷く。
大根のお世話
越冬について
抜いて、葉を切り土に埋めておく。3月に植えなおせば花が咲いて種が取れる。
もしくは、12月に首が出ているところに土を寄せておく。霜が降りると腐ってしまう。
落花生について
10月からが収穫時期。葉が枯れるまでおいておいてよい。
IMG_1866.jpg
サツマイモ掘り
つるをどかして、小さなシャベルでつるをつたって探しながら掘っていく。
収穫したら2-3日日蔭干し。10度以下の所には置かないこと。
そら豆の種まき
越冬させるために、蒔くところを小高く盛る。霜にやられないために。
20センチ間隔でまく。
5センチくらい指で押さえて、深めに。
土をかぶせ、わきに刈った草を敷く。この地方なら10月末ごろにまくと良い。
IMG_1869.jpg

小松菜など・・
蒔くのが遅いのでばら蒔きする。
面倒を見なくていいし、春には菜花として食べられる。

そのほかタアサイは、多年草の雑草にやられてまだ小さいままでした。
備中で冬の間に多年草の根切りをしておくと、育ちやすくなってくれるそうです。
来月は、玉ねぎとエンドウ豆を植えます。
玉ねぎは去年も植えましたが、むづかしかった・・
今年は成功させたいですね。

スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。