FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/13 農塾日記

今日はまだまだ寒さを感じる日でしたが、たくさんの塾生が参加した会でした。
今年で閉塾と聞きつけた方も多く、最後の1年、しっかり学ぼうという方たちでにぎわいました。

*そら豆のお世話*
・この時期は地温が上がるように、周りの草をどかして土をあけてやる。もうひどい霜は降りないので大丈夫。
・4月になると今度は地温が上がりすぎて乾燥するので、また草を刈って寄せてやる。
・アブラムシが付きやすいのであまり補わない。補うなら発酵させたもので。
IMG_2105.jpg

*ネギのお世話*
・4月に植え替える時期
・草を取り土をあけて地温を上げてやる。そら豆と同じく、4月には戻す。

*エンドウ豆のお世話*
・モグラが下を通ると、エンドウが根をはれないので、わきを踏んで、モグラの穴をふさぐ。
・枯れているところは切ってやり、地温を上げるために土をあけてやる。
IMG_2110.jpg

*スナップエンドウをまく*
・エンドウ豆の隣にまくと支柱も立てやすい。
・草を刈り、耕し(モグラの穴つぶし&草の根切り)。
・手で土を真ん中に小高く寄せてから、上を平らにする。(水はけ良く、乾燥したほうが育つ)
・20センチ間隔に3-4粒蒔くか、10センチ間隔で左右にずらしながら1粒ずつまく。混み合っていたほうが良く育つ。
・種をまくときは指の第一関節くらいの深さまで押し込む。
・手でなでるように土をかぶせて、鍬で鎮圧する。
・乾燥させたいので、草やもみ殻は乗せない。
IMG_2111.jpg

*じゃがいもを植える*
・ナス科なので、ナス科のものと連作しない。
・種イモは、つやがよく、少し芽が出ているものを選ぶ。しわやカビがあるものはやめる。芽が2センチくらい出ていたら、一度芽をかいてやる。芽が長いとカビがはえていることがよくある。
・写真の種イモなら3つに切るくらいのサイズ。
・スコップで土を掘り、手でほぐした後すり鉢状にくぼみを作り、ジャガイモを植える。くぼみを作るのは、後で土寄せをするため。
・雨の日は切り口がぬれてしまうので植えないこと。
・株間30-40センチ、条間60センチ。
・芽を植えにして芋を入れ、芋が隠れるくらいの土をかけてポンポンと手でしめる。
・米ぬか+油かす半々のものを一握りほどかけ、土と混ぜて発酵させやすくする。
・できるだけ草を厚く敷く。草は多いほど良い
IMG_2113.jpg
IMG_2114.jpg

**農塾で畑に参加されている方へ**
塾は今年いっぱいで終わりになりますが、その時までに自分の使っていた場所の畝はこわして返してください。
一回にすべての畝を壊すのは大変なので、収穫したら畝をこわしていく、など最後に残らないように計画的にお願いします。
スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。