FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/12 自然農塾

農塾からのお知らせ

*今年は12月の収穫祭を11月に変更します。12月は農地返却のため、柵の撤去など塾全体の片づけを行う予定です。
お気持ちのある方は、お手伝いをお願いします。

*塾は今年いっぱいで終わりになりますが、その時までに自分の使っていた場所の畝はこわして返してください。
一回にすべての畝を壊すのは大変なので、収穫したら畝をこわしていく、など最後に残らないように計画的にお願いします。

*じゃがいも*
生育が悪い。虫にやられていた。
3回芽かきをしたので種イモの力不足だったのかも?

*そら豆*
全然ダメ。自然農では難しい部類とのこと。

*えんどう*
もう終わりの時期。
写真左から、種採り時期の豆、実(グリーンピース)を食べるのにちょうどいい豆、実を食べるのにまだ少し早い豆。
種のとり方は、中の種が黄色になるまでさやごと干す。
IMG_2252.jpg

*さといも*
米ぬか+油かす半々に混ぜたものを補う。
芽が2-3本出ているものは、大きいもの1本残して鎌で切っておく。
草を刈り、土を寄せる。里芋の葉を出して、周りには草を厚めに敷く。

*十六ささげ*
支柱を立てる。
割った竹を斜めに立てかけ、ばってんに結ぶときは、内側同士を一緒にすると反らない。
IMG_2255.jpg

*トマト*
ミニトマトは2本仕立て。(第一花の下のわき芽を残してあとのわき芽は全部摘む)
大玉は1本仕立て。(第一花の下のわき芽を全部摘む)
ミニトマトは第7花まで行ったら摘芯する。(上を切る)
基本は苗を植える時に一度補うのみ。
一本につき支柱一本で支えながら結び付けていくのが基本だが、支柱3本で囲み、広がらないようにひもで輪をかけて整えていってもよい。
写真は摘み時のわき芽の大きさ。
わき芽が大きすぎると摘んだとき植物が弱るし、小さすぎるとまた同じところからわき芽がはえてきて、二度手間になる。
IMG_2256.jpg

*ピーマン*
上に3本の花芽が付く。それを残して下のわき芽を摘む。
第一花が咲いたら、両脇に支柱を立てて、両脇で支えるように紐で支える。

*ナス*
3本仕立て。
肥沃な場所で育つので追肥する。
写真はわき芽含めて3本仕立てになっているところ。
IMG_2257.jpg

*オクラの種まき*
株間30センチ、条間50センチ。
1か所に5粒ほど蒔き、土をかけて手でポンポンとしめる。薄めに草をかける。

*大豆の種まき*
株間30センチ、条間60センチ。
1か所に3粒ほど蒔き、土をかけて手でポンポンとしめる。薄すぎず厚すぎない程度に草をかける。

*サツマイモの苗を植える*
30センチ間隔で、土を小高く盛る。
苗を植えて、米ぬかを株元から少し話して周りに一掴みほどまき、土となじませる。
厚めに草を戻す。
IMG_2258.jpg

*きゅうりの種まき*
株間40センチ、条間50センチで以下同様。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

かかし@

Author:かかし@
------------------------------
岐阜県恵那市東野の田畑にて

月に一度開かれる

「恵那自然農塾」にかよっています。

------------------------------

自然農とは・・・・

耕さない・草や虫を敵としない
自然の生命の営みにそった農なのです。

あるがままが・・いい気持ち・・。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
コチラが恵那自然農のHPです↓
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。